現地仕事学校世話役 古川 沙紀さんから


嬉しい連絡が入りました。 村人たちの自立支援に向け仕事学校が大きく動き始めました。

「昨日無事にミシンを追加で2台購入しました。」合計6台 先日から、近所の人たちがたくさん来ています。

エイズで夫を亡くした奥さん(彼女もエイズを患っているようです)、その子どもたちも・両親が病気がちなマイの友達…。

やはり自宅でミシンを購入するのは困難ですし、電気代もかかるとなるとCCHOME『カンボジアこどもの家』に来てやってもらうのがいいように思います。

また、リリーさんからツールボンローにも足が不自由で家庭が大変な人いるとの報告を受けました。


彼女にももし良かったらCCHOMEでミシンを習いに来て、と誘っても良いか?

とのことだったので、もちろん声をかけてほしいと伝えました。

彼女以外でも、大変な家があれば声をかけてもし良かったらミシンを習いに来てくださいと声をかけてほしいとリリーさんには伝えました。

みんながミシンもっと上手になればいろんなもの (サロン生地でのカバンなど)も一度挑戦してみたいと思っています。


Delicious Turkish Recipes