☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

cchomeのキャンプ場へ来てしまう方へ 準備編

はじめに

この文章はポイペットに長期滞在される方を対象とした文章ですが、参考程度にして下さい。詳しくはカンボジアこどもの家代表の栗本英世氏(通称 オカさん)や外務省、在日カンボジア大使館等に問い合わせて下さい。

基本的にポイペットに滞在する理由は一切問わず、また政治活動や宗教活動そのほか手が後ろにまわるような行為以外は、滞在中の活動については自由です。長期滞在するからには栗本さんの了解のもとであろうと思われるのでその事にはここでは触れません。また、カンボジアやポイペットの事はある程度周知の事と思われますのでその事に関してもここでは触れません。ここでは、ポイペットで長期滞在するにあたって多少のアドバイスを書きたいと思います。思い立ったら飛行機のチケットを取って何時でもカンボジアに来る事が出来ますがいろいろと日本で準備しておいた方が良い事もあります。

長期滞在の前に

カンボジアを熟知されている方は別ですがそうでない方は先ずカンボジアこどもの家のスタディーツアーに参加されてから判断をされるのが良いかと思います。食事や生活環境など自分に合うか見極める為です。また、メールで問い合わせて頂ければポイペットの事に関して出きる限りお答えします。

e-mail 

また、カンボジアこどもの家に1年と2ヶ月滞在していた皆元さんにも現地の様子をうかがった方が良いでしょう。連絡先は栗本さんに確認を取って下さい。

事務手続きに関して

 パスポート 

パスポートの取得に関しては、各自治体の旅券課に問い合わせして下さい。残存期間の少ないものは早めに切り替えておいた方が良いでしょう。

☆ ビザ 

2002年4月現在は国境のポイペットで観光ビザ、ビジネスビザ共に取得可能です。但し、国の情勢がどうなるかわからないので在日カンボジア大使館に確認してみて下さい。ビザの有効期間は1ヶ月。長期の場合、ビジネスで入って1ヶ月の内にプノンペンへ行ってビザ取得の代行屋に頼んで半年又は1年のビジネスマルチビザ(有効期間中は入出国自由)を取得します。日本でビジネスビザが簡単に手に入るようであれば日本で取得した方が確実です。

写真 パスポートサイズ 最低2枚(国境でビザ取得分とプノンペンでビザ切り替え時に必要)

☆ 飛行機のチケット 

旅行代理店のマイチケットのスタディーツアーに参加してそのままポイペットに残る事をお勧めします。バンコクの出迎えからポイペットに到着するまで栗本さん又はポイペット在住の日本人スタッフがコーディネート致します。ひとりで入る場合もカンボジアこどもの家のスタディーツアーを企画しているマイチケットに飛行機のチケットを依頼するのが良いでしょう。詳しくは旅行代理店に確認して頂きたいのですが、飛行機のチケットが片道の場合、タイの空港で入国を拒否される場合があるらしいので片道分は捨てる覚悟で往復分のチケットを手配する方が良いでしょう。また、タイの3ヶ月有効の観光ビザを取得しておく方法がありますが入国の際、あれこれ聞かれてややこしい場合があります。

 海外旅行保険 

栗本さんに相談してみて下さい。もしかしたら、栗本さんの方で加入してくれるかも知れません。但し、最低限の項目のみなのでその他保険を掛けたい項目があれば自分で掛けて下さい。

 予防接種 

栗本さん曰く、そんなものは必要無い!栗本さんは一回も受けた事が無いと言いますが、それは20年、30年東南アジアに住んでいるからであって、数年滞在の内数ヶ月の病院暮らしはもったいないと思います。詳しくは

☆ 日本検疫衛生協会 

横浜診療所(045)671‐7041 パスポートセンター2階

東京診療所(03)3201‐0848 八重洲北口

 ホームページ 

 海外勤務健康管理センター 

http://www.johac.rofuku.go.jp/

その他最寄の病院や保健センター等で調べて見てください。

予防接種はいろいろ有りますが全て受ける必要ないと思います。また、破傷風などは年齢によって既に子供の時に済んでいるものもあるので一度専門の方に相談される事をお勧めします。日本は予防接種の金額が高いのでバンコクで受けるのもひとつの方法ですがいずれにしろ日本でどなたかに相談した方が良いでしょう。

☆ キャッシュカード 

カンボジアには有りませんがタイには24時間のATMがあちこちにあります。ポイペットはあまり治安が良くないので現金を沢山持ち歩くのはあまりお勧めできません。各銀行の国際カードやCITIBANKなどの海外銀行のキャッシュカードまたはクレジットカードを用意して定期的にタイへ現金を下ろしに行くのが良いでしょう。ちなみにポイペットではクレジットカードは使えません。

 住民票や税金関係 

住民票、納税、国民健康保険に関しては最寄の役場で確認してください。また、カンボジアに入国してから日本大使館に届けるのが正規の手続きですが、そこらへんは栗本さんに相談してみて下さい。

その他準備するもの

 お金 ☆

カンボジアこどもの家に長期滞在されて活動される方は基本的に食事と滞在費は無料です。ですからそんなにお金は掛りません。それぞれの生活スタイルによって使うお金か変わってきます。カンボジアで流通している貨幣は3種類。カンボジアリエルとUSドル、それとタイバーツ。ポイペットはタイバーツが主流です。

 薬 

自分の常備薬は持って行ったほうが良いでしょう。病気は現地の薬が一番良いという事をたまに耳にしますが、ポイペットで売られている薬は薬をばら売りしているので有効期限がわからないし得体の知れない薬なので日本から持って行ったほうが賢明です。タイにも薬局があるので必要最低限で良いかと思います。

 服 

気候は1年中、日本の真夏の気候ですが、雨季明けの11月頃だけ寒くなります。ジャンバーが必要なくらいで朝晩の冷え込みは東京の11月と変わりません。暖房の無い部屋ですから日本よりも寒く感じるかもしれません。ポイペットにもいろいろと服は売っているので特別日本で買い揃える必要はありません。洋服のデザインにこだわるなら別ですが。

 その他雑貨 

ポイペットやタイのアランヤプラテートで日用雑貨は全て手に入ります。石鹸、シャンプー、歯ブラシ、蚊取り線香、虫除けスプレー、ノート、ペン、ファイルなどの文房具その他等など普通に生活する分には困りません。また、トンカチやのこぎり等大工道具もかなり品揃えが豊富です。日本の方が安いのはカメラのフィルムくらいです。また、カメラの電池やアルカリ電池もありますが粗悪品がありそうなので電池に関しては日本から持って行く方が良いでしょう。

コンタクトレンズの方は埃が目に入って大変なので眼鏡の方が良いですがコンタクトレンズを持参する方は洗浄液を忘れずに持って行ってください。

化粧品も売っていますがこれは私は良くわかりません。日本から持って行く方が良いでしょう。

 電化製品 

カンボジアこども家には発電機がありますが夜限定です。電圧は200ボルトですが各部屋には120ボルトくらいに下がっています。コンセントの差込みの形は日本と同じです。電化製品は現地調達が無難です。

 自分の活動に必要なもの 

各自、どのような活動されるかわかりませんが各活動の資料や道具など日本でないと手に入らない物は持参して下さい。かなりの手荷物の量になる場合は郵送されても構いません。

; 郵送先 

C.C.HOME

P.O.BOX25 ARANYAPRATHET THAILAND

日本との連絡

 E‐MAIL 

ポイペットにはインターネットができる所が有りません。ただし、アランヤプラテートにはインターネットカフェがあるのでそこでメールチェックが出来ます。hotmailの場合日本語を読む事は出来ますが日本語を打つことがほとんどできません。アランヤプラテートにはインターネットカフェが4件ありますがいつも開いているのは2件。両方とも日本語を読む事しか出来ません。1件だけ日本語を打てるインターネット屋があるのですが最近、コンピュータの調子が悪いのか潰れかかっているのか閉まっていることが多いです。

他はバンコク、シェムリアップ、プノンペンには日本語が打てるインターネットカフェがたくさんあります。

 郵便 

ポイペットには郵便局がありません。実際にはポイペットの街中には郵便が届くみたいですが、私達が住む村には郵便は届きません。ただ、カンボジアこどもの家ではアランヤプラテートに私書箱があるので友人、知人やご家族からの郵便はその私書箱宛に送って頂くのが一番良いでしょう。月に2回程度は確認しています。

 送り先 

C.C.HOME

P.O.BOX 25 ARANYAPRATHET THAILAND

 電話 

日本からの連絡

カンボジアこどもの家に住んでいる日本人で現在電話を持っている人は居ません。村には電話線がありません。ただし、携帯電話があります。

栗本さん

カンボジア  855(カンボジアの国番号)‐12‐764137

タイ 66(タイの国番号)‐9‐895‐0797

ただ、栗本さんは日本、バンコク、プノンペン、クラッチェ(カンボジア)、ポイペットを飛びまわっているので殆どポイペットに居ません。

カンボジアこどもの家の現地人スタッフの携帯

855‐12‐724884

日本語は話せませんが日本人の名前を連呼すれば近くにいる日本人に代わってくれるでしょう。

カンボジアからの連絡

ポイペットに電話屋があるのでそこから国際電話をかける事ができます。

FAXは私の知る限り、国際電話でFAXできる所はありません。

クメール語について

カンボジア人スタッフとの会話はクメール語(カンボジア語)になります。英語は通じません。日本で前もってクメール語を取得しておいた方が断然良いのですが、日本にはクメール語を習う場所があまり無いので現地に入ってから覚える事になるでしょう。

 カンボジア会話の本 

旅の指さし会話帳 カンボジア  福富友子 著

絵が入っていてカンボジア人にも受けが良い。著者の福富友子さんは栗本さんとも知り合い。この本をマスターしていれば基本的な日常会話は困らない。

カンボジア語 実用会話集 ラオ・キム・リアン/ラオ・えりか 著

基本的な表現から日常会話の言いまわし等例文の数が豊富。この本はカンボジアで海賊版が安く手に入ります。

他にもいろいろいくつか本が出ているので書店で調べて見て下さい。辞書は現地で売っています。

ポイペットは危険か?

外務省が出している、海外渡航情報は2002年4月現在、ポイペットは危険度2(観光延期勧告)になっています。いくつかのガイドブックにはポイペットは危険なので滞在はなるべく避けた方が良いと書いてあります。強盗事件や殺人事件も多く発生しています。村の中も強盗や強姦事件が発生しています。ポイペットを通過する旅行者の被害も幾度か耳にしました。ポイペットは安全なところではありません。カンボジアこどもの家には普段カンボジア人が手にする事の出来ない高価なものが溢れている事や、高価なものを持っている日本人が多く出入りしている事もポイペットの人達は知っています。いつでも強盗の対象になっても不思議ではない状況です。ただし、幸いにしていままでカンボジアこどもの家で事件が起きていないのは、カンボジア人スタッフが大勢一緒に住んでいる事と村人とカンボジアこどもの家の信頼関係が築かれている事によるものだと思います。危険な場所に入ったり、カンボジア人の反感を買うような行為をしなければ比較的安全だと思います。また、地雷の危険もあります。カンボジアこどもの家のある村には地雷が無いと言われていますが近くの村にはまだ、地雷や不発弾が処理されずに地中に埋まっています。車が通っている大きい道路を歩くぶんには問題ありません。草むらや村人が作った小さい道を歩かなければ大丈夫でしょう。しばらくポイペットに居ると地雷やその他の危険に対して鈍感になりがちです。危険に対する感覚が麻痺していきます。常に注意して行動する必要があります。

カンボジアこどもの家とcchome

少しややこしい話しですが、カンボジアこどもの家とcchome(シー・シー・ホーム)は別団体です。カンボジア子供の家は栗本さんを代表とする(といっても一人しか居ませんが)個人のNGOです。cchomeはカンボジア人のロング・チョムルアンさん(通称 お父さん)を代表とする現地NGOです。今、ここだけで便宜上お父さんの団体をcchomeとしています。また、現地に住んでいる日本人もこのどちらの団体に属せず個人の活動と考えてください。もちろん、カンボジアこどもの家やcchomeの活動のお手伝いをすることはありますが、栗本さんやロング・チョムルアンさんとの関係に上下は無いと考えてください。自分の位置付けは明確にしておいた方が良いでしょう。

カンボジアこどもの家に関するホームページ

マイチケット(旅行代理店)

http://www.asahi-net.or.jp/‾ud4k-ymd/kodomo01.html

カンボジアこどもの家のホームページ

http://www.cambodiakids.org/

オカさんが書いているホームページ

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2032/kodomo.html

ポイペットで活動していた皆元君のページ

http://www.01.246.ne.jp/‾kosuke/

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡


Delicious Turkish Recipes